50代になってから、最近は特に老化を感じます

50代になってから、最近は特に老化を感じます

昨年、私もついに、50代に突入しました。最近は、何かと体の老化を感じることが多く、先のことを考えては、ため息をついています。

 

中でも特に気になるのが、体力の衰えです。いったん、食事などで席に着いてから立ち上がろうとすると、「ヨイショ!」と声を出さないと立ち上がれません。また、重いものを運ぶときに無理をすることも多く、その時は必ず体の筋肉を痛めてしまい、「あ痛たったったー!」と顔をしかめる結果となるのが常です。どうも近頃は、自分の感情と体の動きが合わずに困っています。

 

そして、老化に伴い、急に免疫力が低下したようにも感じます。風邪をひきやすくなったり、突然胃腸炎にかかったり、以前はかかることがなかった、花粉症が急に発症したりするのです。
少し前までは、病気にかかることが少なかった私も、最近は、何かと病気になることが多くて、戸惑っているところです。

 

このようなわけで、近頃は、何かと自分の体の心配ばかりしています。
ネットで検索するときは、健康に良い食べ物のことばかり調べていますし、友達に会うと、血糖値の話ばかりするようになりました。他の話はあまり出てきません。

 

そこで、数年前から、自分の体力に見合ったスポーツを始めようと、ウォーキングを始めました。ウォーキングであれば、派手なスポーツとは違い、体を痛める心配もありません。そして、気分転換にもなるし認知症予防にもつながるので、一石二鳥です。週三回、一日40分程のウォーキングをしていれば、気分も良いし、体も軽いのでこれからも続けていきたいと思っています。

 

今は、このようなことをしながら、徐々に、老いを受け入れていこうと、試行錯誤しているところであります。